風評被害や誹謗中傷の対策としてする逆SEOの方法3つ|風評・誹謗中傷対策なら大阪のDeep Impression

お困りごとは? 放置のリスク 選ばれる理由 流れ お客様の声 お問い合わせ 会社概要 コラム

無料で相談してみる TOPへ

COLUMN
コラム

風評被害や誹謗中傷の対策としてする逆SEOの方法3つ

風評被害や誹謗中傷の対策としてする逆SEOの方法3つ

風評被害・誹謗中傷の対策としても行われる逆SEOですが、いくつかの方法があります。
せっかく逆SEOをするなら、その方法についても把握しておきたいところなので、具体的な方法について確認してみましょう。

対象サイトよりも評価の高いサイトを複数作成

逆SEOは、対象サイトの検索順位を下げるといわれることが多いので、そのサイトに細工して、順位を下げると思ってしまうかもしれません。
しかし、結果として検索順位が下がれば良いのであって、必ずしも該当サイトに細工する必要はないのです。

例えば、対象サイトよりも評価の高いサイトを複数作成することによっても、結果的に対象サイトの順位は下がるはずです。
もちろん、そのサイトの評価が高ければ高いほど、この方法による逆SEOは難しくなってきます。

対象サイトのライバルサイトに良質な被リンクを貼る

検索エンジンは、被リンクの数を重視しているといわれています。
そして、単なる被リンクではなく、良質な被リンクが多数貼られているサイトは、検索順位が高くなる傾向があるのです。

この検索エンジンの性質を利用した逆SEOも存在しています。
対象サイトのライバルサイトに良質な被リンクを貼ることによって、ライバルサイトの評価を上げて、結果的に対象サイトの検索順位を下げようというものです。

対象サイトに低品質の被リンクを大量に貼る

これは、一昔前に主流だった方法です。
検索エンジンの順位評価の仕組みを逆手にとったもので、低品質の被リンクを大量に貼ることによって、検索エンジンの評価を下げてしまおうというものです。

しかし、検索エンジンの仕組みも進化していて、以前ほど効果を得られない方法だといわれています。

このように逆SEOといっても、色々な方法がありますので、どの方法が被害を解決するのに向いているのかを吟味した上で、選択していきたいところです。
まずは、業者に相談して対策方法を検討していくとよいです。

逆SEO対策ならDeep Impressionにお任せください。
その他、風評被害・誹謗中傷対策についてもご相談を承ります。

ご相談は、フォームまたはお電話でも受け付けております。
お気軽にご連絡ください。

お問い合わせフォームはこちら >

お電話でのお問い合わせ(平日10~19時)
072-741-2039