数時間の遅れが致命傷!?twitterでの風評被害・誹謗中傷対策|風評・誹謗中傷対策なら大阪のDeep Impression

お困りごとは? 放置のリスク 選ばれる理由 流れ お客様の声 お問い合わせ 会社概要 コラム

無料で相談してみる TOPへ

COLUMN
コラム

数時間の遅れが致命傷!?twitterでの風評被害・誹謗中傷対策

  • 2018.06.15
  • SNS

数時間の遅れが致命傷!?twitterでの風評被害・誹謗中傷対策

twitterの風評被害・誹謗中傷対策をするなら、twitterというサービスの特性、削除方法などについて確認しておきたいところです。

風評被害・誹謗中傷が発生しやすい場所

twitterを利用する際の注意点として、風評被害・誹謗中傷が発生しやすい場所であるということです。
匿名性が高いので、ついつい対面では、言えないようなことも言えてしまうのです。
また、一度、風評被害・誹謗中傷が発生してしまうと、拡散力が高いので、短時間で被害が広がってしまいます。
以上、twitterには風評被害・誹謗中傷の被害が広まりやすい特徴が備わっています。

twitterのルールを確認

風評被害・誹謗中傷の対策をする場合、まず最初にtwitterに対しての削除依頼が考えられます。
しかし、投稿によってはtwitterのルール上、問題ないとみなされる可能性もあるので、ルールの詳細をよく確認しておきたいところです。

暴力行為やその助長、脅迫行為は、twitterで禁じられているので、運営に依頼すれば削除してもらえるでしょう。
また、嫌がらせや攻撃的なメッセージ、その扇動も削除対象になるので、風評被害・誹謗中傷の対策をするなら、この部分が大きなポイントになります。
さらに、人種や民族、性的思考、性別、宗教などに対しての差別的発言も削除対象になります。
他人の個人情報や同意なく撮影された私的画像・動画等についても運営に依頼すれば削除してもらえます。

twitterへの削除依頼

twitterに削除依頼をする場合は、ヘルプセンターの「問い合わせをする」から依頼することができます。
かなり詳細な項目を指定できるようになっているので、選択形式で、誰でも簡単に削除依頼をすることができます。
twitterは拡散力が非常に高いので、風評被害・誹謗中傷がルールに違反する投稿だとわかった時点で、すぐに削除依頼をするのが望ましいです。
数時間の遅れが致命傷になってしまうのがSNSの怖さです。