人材サービス業界の企業はなぜ風評被害・誹謗中傷の対象にされやすいのか?|風評・誹謗中傷対策なら大阪のDeep Impression

お困りごとは? 放置のリスク 選ばれる理由 流れ お客様の声 お問い合わせ 会社概要 コラム

無料で相談してみる TOPへ

COLUMN
コラム

人材サービス業界の企業はなぜ風評被害・誹謗中傷の対象にされやすいのか?

人材サービス業界の企業はなぜ風評被害・誹謗中傷の対象にされやすいのか?

人材サービス業界の企業に対する風評被害・誹謗中傷は、非常に発生しやすい性質を持っています。
さらに、発生した風評被害・誹謗中傷が、広まりやすいという性質も持っているため、対策を怠ると、企業を脅かす大きなリスクになってしまいます。

人材サービス業はやり玉に挙げられやすい

人材サービス業界の企業は、風評被害・誹謗中傷の対象にされやすいです。
なぜなら、人材サービスには、派遣社員などの労働者が多数登録しているからです。

「働けど働けど、一向に生活は向上しない』派遣社員のこんな不満の矛先がどこに向かうかといえば、登録している派遣サービスなのです。

直接、担当に文句を言ってしまうと、仕事を斡旋してもらえない可能性があるので、その不満はネットの掲示板や口コミをサービスを通じて、世間に露出することになります。

人材サービスの経営者は、業界の構造自体に、このようなリスクがはらんでいることを知っておく必要があるでしょう。

派遣問題はワーキングプアなどと絡めやすい

人材派遣サービスに登録するユーザーの不満が、ネットを通じて表面化しやすいのが、この業界の特徴です。
そして、そんな風評被害・誹謗中傷が、広まりやすいのも、この業界の特徴です。

派遣サービスの問題は、ワーキングプアなど、格差社会の問題と絡めやすい傾向があります。
そのため、社会的に立場の弱い人たちの不満が、特定企業に対する風評被害・誹謗中傷が原因となって、いっきに爆発(拡散)する可能性があるのです。

時に社会問題にまで発展することもあり、企業は大きなリスクを背負うことになります。
仮に、ニュースなどに企業名付で取り上げられてしまうと、経営基盤の弱い企業なら、ひとたまりもないでしょう。

このように人材サービス業界の企業に対しての風評被害・誹謗中傷は、被害が加速度的に広まっていく可能性があり、リスクも大きいです。
そのため、人材として登録するユーザー、それを利用するユーザーの双方の満足度向上を図る必要があるのではないでしょうか。