飲食業界の企業に対する風評被害・誹謗中傷は致命傷になるリスクが!?|風評・誹謗中傷対策なら大阪のDeep Impression

お困りごとは? 放置のリスク 選ばれる理由 流れ お客様の声 お問い合わせ 会社概要 コラム

無料で相談してみる TOPへ

COLUMN
コラム

飲食業界の企業に対する風評被害・誹謗中傷は致命傷になるリスクが!?

飲食業界の企業に対する風評被害・誹謗中傷は致命傷になるリスクが!?

飲食関連の企業に対する風評被害・誹謗中傷は、その他の業種に比べ、特に注意を払わなければなりません。
場合によっては企業に対する悪評が致命傷になることもありますので、そのリスクをしっかりと把握しておきましょう。

飲食業界は口コミが当たり前の世界

私生活で自分たちが外食をする時のことを思い浮かべてみると、多くの人がネット上の口コミを参考にしているのではないでしょうか。
いまや気になるお店があれば、スマホで手軽に調べられる時代です。

そのため、口コミに風評被害・誹謗中傷が投稿されてしまうと、売上にダイレクトに響く可能性があります。
特に、大手口コミサイトに投稿される風評被害・誹謗中傷には、大きなリスクが含まれています。

気軽に口コミ投稿できる状況が完成されている

飲食業界の口コミには、一企業を追い込んでしまうだけのパワーがあります。
さらに、飲食業界というのは、気軽に口コミを投稿できるサービスが豊富なのです。

中には、軽い気持ちで風評被害・誹謗中傷に該当する投稿をしてしまう人もいますので、かなり積極的な対策をしなければ、リスクを抑えるのが難しくなっています。

従業員によるSNSの炎上

近年は、思わぬところで従業員の不満が爆発する傾向があります。
その場所こそがSNSで、従業員がSNSに不用意な投稿をして炎上をした、というケースが目立っているのです。

本人は、仲間たちに喜んでもらいたい一心で投稿するのですが、それが悪評を呼び、風評被害・誹謗中傷に繋がるケースもあります。

いくら顧客対応をしっかりとやっていても、従業員にこのようなことをされてしまっては、大打撃を受ける可能性があります。

飲食関連の企業に対する風評被害・誹謗中傷は、大事になりやすい性質を持っていますので、顧客目線、従業員目線など複数の視点を持って対策していきたいものです。
どちらが欠けていてもリスクに繋がっていきますので、十分に注意する必要があるでしょう。